ゼーロン便り

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.02.26 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2012.04.09 Monday

観覧車 2

 



     観覧車に乗って一周すると、神が定めた長さより一日寿命が
     伸びるらしい。そんな馬鹿なとお思いだろうが、じつはかなり
     信憑性は高いらしいのだ。



     一周で、一日。三周で、三日.三十一周で、ひと月・・・
     


     観覧車を探せ。










「リア王」 2012年12月2日 熊本県立劇場演劇ホール


                                          K. 

21:50 | 遠足 | - | - | pookmark |
2012.04.09 Monday

観覧車

 

     生まれてはじめて観覧車に乗った。それまで観覧車は少し離れた
    ところから眺めるまぼろしのようなものだと思っていた。薄暮に悄然
    と佇む観覧車などその最たるものではないか。あれにじぶんが乗る
    なんて気違い沙汰ではないか。



     それでなぜ今度乗ったかというと、ついフラフラと乗ってしまったの
    だ。そうだ。観覧車には、ついフラフラと夢遊病者のように乗ってしま
    うほうがふさわしいのだ。なぜって、あれはやっぱりまぼろしなんだか
    ら。


     観覧車はノロノロと回転した。一本の軸のまわりを寸分違うことの
    ないノロサで回転した。そして、あたりまえだろうけど、乗降の際にも
    ノロノロと動きをとめなかった。なんということだ、営業時間中瞬時も
    休むことなく観覧車はめぐりつづけるのだ。ひたすら、ひたすら宙に
    浮いたり沈んだりをくりかえすのだ。けれど、観覧車はどんなに回
    転しても1ミリだって前へ進めやしない。このうつくしき徒労。



     観覧車はおよそ11分をかけて青い空に巨大な花を描いた。ぼくは
    その花の花弁あたりにいた。ゴンドラのなかで身内に静まっていくも
    のと昂ぶるものをぼんやりと感じていた。



     観覧車をはなれ見上げると、ゴンドラの席にぼくの影が背筋を伸ば  
    して座っていた。


  







「リア王」 2012年12月2日 熊本県立劇場演劇ホール


                                          K.  










     
     



     
    

17:39 | 遠足 | - | - | pookmark |
2012.04.08 Sunday

ゼーロンの会・春の遠足♪

120408_1109~01.jpg
今年もやってきました、毎年恒例の春の遠足!

なんと今回は、大分の城島高原パークです!

遊園地です!

良い歳こいた大人が大人数で!

てなわけで行ってきます♪

11:10 | 遠足 | - | - | pookmark |
2012.01.08 Sunday

もいっちょおまけで…

120108_1611~01.jpg
野釜島に寄り道★

水が透き通っててとてもキレイ!

今日は素晴らしい景色を沢山拝むことが出来ました。

新年早々こりゃ縁起が良いぞ〜!

16:20 | 遠足 | - | - | pookmark |
2012.01.08 Sunday

おまけの…

120108_1440~01.jpg
無事に念珠岳を制覇し、ついでに近くの白嶽にも登りました!

…といっても、9合目くらいからだけど(笑)

こちらも海がパノラマで堪能出来て気持ち良い〜★

14:45 | 遠足 | - | - | pookmark |

▲top