ゼーロン便り

<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ゼーロンの会山岳部第6回登頂! | TOP | 虫丸頌 >>

2018.02.26 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2011.11.26 Saturday

妄々日乗

 

2011年11月25日  朝寒気甚だし 晴れ

胃部に不快感あり。また、背中痛む。


朝まだき、湖畔を逍遥す。晩秋の空明け行くを見てMを思う。
Mよ、ついにこの国はあなたが望んだようにはならなかったが・・・。慙愧、ということば胸裏をよぎる。


夕刻、K氏とSにて待ち合わせ。
K氏喫煙せぬから禁煙スペースにて待つ。と、となりのテーブルの席につくなり餌をもらった猿みたいに狂ったごとく携帯をいじっていたそれしか人生上なにもできなそうなバカ女二人やおら煙草を吸いはじめる。店員の声を待っていたが埒あかず小生としては極めて穏やかに注意す。すると二人のバカ女のうちのスペシャルにバカらしいバカがバカ声で「わかってるわ」とバカなことをぬかすわかっている?てめえバカかわかっているならさっさと席うつれバカアホおれだって煙草吸うが線は引けタコバカアホなんだよその目はあん?おいテイノー女心映えってことば知ってるか知らねえだろうなてめえにできるのはその携帯いじるだけだもんなバカもう一度幼稚園からやりなおせ学問なんてどうでもいい心映えだけ学べいいかバカここはなバカてめえのバカ部屋じゃバカねえんバカだバカバカバカバカバカ


K氏、傑物なり。


帰りてしばしテレビ眺むる。
テレビは死んだ。始末の悪いことにそのことにテレビが気がついていない。


吉田敦彦「オイディプスの謎」読。
渡辺京二「黒船前夜」読。


Mよ、この国は・・・


                            妄想館主人


2018.02.26 Monday

スポンサーサイト


10:06 | - | - | - | pookmark |

▲top