ゼーロン便り

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< リチャードIII | TOP |

2018.02.26 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | pookmark |
2018.01.29 Monday

リチャードIII

思惑通りにことが運び、ご機嫌なバッキンガムとリチャード、彼らは、次に市長を懐柔する算段を立てていました。

 

呼び出された市長。

そこに届くヘイスティングズの頭蓋骨。

 

既に刑は執行されたのです。

 

 

二人は嘆きながら、この裏切り者に命を狙われたことを話します。

 

 

市長には現場に立ち会っていただいて、この男が罪を告白するのを聴いて、市民に伝えてほしかったが、イングランドの平和を考えれば処刑は止むなしであったと訴えます。

 

これにより市長は二人の言葉を信じ込み、市民には自分から、二人がこの件を正しく処置したと伝えることになりました。

そして同時に、市民がリチャードを次の王として押し上げさせるため、ありとあらゆる噂を流します。

 

 

 


2018.02.26 Monday

スポンサーサイト


19:24 | - | - | - | pookmark |

▲top